NOBUYOSHI OMURO
     

アントレプレナーシップ論 ー Entrepreneurship

講義概要

本講義では、アントレプレナーシップを初学者に向けた入門として以下の内容を学習する。アントレプレナーシップ(起業、創業)という現象がなぜ生じるのか、アントレプレナーシップを生じさせる構造はどうなっているのか、アントレプレナーシップと地域再生や地域活性化にはどのような関係があるのかを学習します。具体的には、事例を扱いながら、アントレプレナーの役割とアントレプレナーにとって必要な要素を学習します。そして、地域との関係性をどのように構築し、地域の活性化に貢献しうる手法を学びます。
また,これまで企業と行政で23年間実務に携わってきたので,実務と理論の橋渡しを意識し,現実社会に貢献できる内容とする。

授業内容

 

授業の進度にあわせて、講義の概要を載せた“ハンドアウト”を配付します。ハンドアウトはすべて以下のリストからダウンロードし、各自プリントアウトして授業に臨んでください。

授業は以下の総目次に即しておこなう予定ですが、学生の理解度を判断して大胆に改編することもあります。また、招待講演の内容や日程は変更する場合があります

1.イントロダクション
(授業概要、評価基準の説明、授業の進め方)
(4/11)
2. アントレプレナーの基礎理論
(アントレプレナーとはどのような人なのか)
(4/12)
3. アントレプレナーの社会的意義
(市場の創造、企業と社会の変革、企業家社会の構築)
(4/18)
4. アントレプレナーに必要となる能力
(哲学、ビジョン、事業機会の認知、資源動員)
(4/19)
5. アントレプレナーシップとイノベーション
(イノベーション2.0の台頭と役割の変化)
(4/25)
6. 変容する企業モデル(持続可能な企業モデルの台頭)と組織構造
(4/26)
7. 地域社会とアントレプレナーシップの関係性
(5/2)
8. 中間まとめ
(5/3)
9. 組織内で求められるアントレプレナーシップⅠ
(イントレプレナーと事業継承)
(5/9)
10. 組織内で求められるアントレプレナーシップⅡ
(パブリックアントレプレナーシップ)
(5/10)
11. ニュータイプのアントレプレナーⅠ
(社会的企業家と制度的企業家)
(5/16)
12. ニュータイプのアントレプレナーⅡ
(サステイナブルアントレプレナーシップ)
(5/17)
13. アントレプレナーシップとセルフマネジメント
(5/23)
14. まとめ
(5/24)

ダウンロードはこちらから

その他 

履修上の注意

講義においては教科書・指定図書・参考図書を中心に行うが、その他の文献も図書館等を利用して理解を深めることが望ましい。また経営学(歴史・理論)も関連するので履修が望ましい。授業では数回のレポートを書いてもらうことになる。よって事前の予習・復習が必要になるので、それなりの覚悟をもって望んでほしい。私語(いかなる理由の発話であれ)や遅刻など、他の受講者にとって迷惑になると私が判断する行為に対しては厳しい姿勢で臨み、成績評価に厳格に反映させます。

授業の到達目標

行政が置かれている現状を理解し、その問題を実際にどのように解決するのかという点を、経営学の視点からどのように解決できる可能性を持っているのかということを理解することを到達目標とする。

評価方法

評価は出席と授業の中で数回の小レポートを提出してもらい、評価します。評価の具体的な内容は1回目の授業のときに説明するので必ず出席すること。

教材

参考書等
上山信一『「行政経営」の時代:評価から実践』(NTT出版、1999年)
大住荘四郎『パブリックマネジメント:戦略行政への理論と実践』(日本評論社2002年)
玉村雅敏『行政マーケティングの時代:生活者起点の公共経営デザイン』(第一法規、2005年)

指定図書
伊丹 敬之・加護野 忠男 著『ゼミナール 経営学入門 第3版』(日本経済新聞社、2003年)